転職を考える

人気の歯科衛生士とは

人気の歯科衛生士とは

最近、歯科衛生士が人気の職業になっています。

歯の保健師さん兼看護師さん

歯科衛生士業務は大きく分けて3つです。

(1)歯周疾患の予防処置

(2)歯科保健指導

(3)歯科診療の補助である

歯科助手との違いは、(1)や(2)に携わることができること。そこで、歯石の除去や虫歯や歯周疾患の予防のためのブラッシング指導、食生活上のアドバイスも大切な仕事です。


歯科衛生士からアドバイス

この仕事の魅力
診療の補助だけでなく、実際に患者さんに接して歯石除去などの歯のクリーニングやブラッシング指導ができるのが歯科衛生士。やっぱり、自分の技術で患者さんに喜んでいただけると嬉しいですよ。患者さんから「すごくキレイになってる。ありがとう!」「気持ち良かった」と声をかけてもらえると、技術者としてやりがいを実感。「もっと頑張ろう」って思っちゃいます。また、私が働く医院では、年に1回、近くの聾(ろう)学校を訪問してハミガキの大切さなどを教える保健指導をしています。これからは、そういう伝える技術も磨いていきたいですね。衛生士長として技術をさらに向上させ、誰からも信頼される腕のいい歯科衛生士になりたいです!

今の仕事との出会い
将来働くなら、資格を活かせる仕事に就きたいとずっと思ってました。とくに医療系の仕事に憧れていましたね。「看護師さんもいいなぁ」と思っていると、母が「歯科衛生士はどう?国家資格を持つ仕事だし、長く勤められそうだよ」と教えてくれて…。資格を取るなら専門学校かな?」と思っていたのですが、実家から通える学校を探して、見つけたのが関西女子短期大学の歯科衛生学科でした。「短大卒の資格が取れて、ゼミや大学祭とかキャンパスライフも楽しめる!」と思ったし、何より歯科衛生士を育成してきた実績と、活躍している先輩たちの多さが魅力でした。

私の学生時代
予想通り、とっても楽しいキャンパスライフでしたよ。学ぶ目標がハッキリしてるからみんなすごく仲がいいんです。専門技術を基礎から丁寧に学べる授業はもちろんですが、やっぱり実習の豊富さが心に残っていますね。相互実習では友達とペアを組んでお互いの歯型をとったり、レントゲンを撮って勉強したり…。また、病院実習や臨地実習など学外実習を多く体験したので、就職しても違和感なく仕事に取り組むことができました。歯科衛生士は、医療技術者であると同時に、人と接して喜んでいただく仕事です。言葉使いとか、患者さんへの配慮はいつも心がけていますが、こうしたコミュニケーションの大切さも学校でしっかり教わったことなんです。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職相談

Q.資格取得前と後、転職するならどっち?

経理補助の経験があるので、できれば経理で転職したいのですが、簿記などの資格取得後に転職するべきでしょうか?(28歳・女性)

A.在職中なら、資格取得後に転職することをお勧めします

転職市場では、IT系でベンダー資格、外資系でTOEIC(R)、会計事務所で会計士補以上など、確かに一部の業界では評価につながる資格があります。ただし、資格というものは、社会から認められるものほど難易度が高く、取得までに時間がかかるものが少なくありません。退職してしまうと、資格取得の勉強中に仕事のブランクができてしまい、かえってそれが不利になることも。ですから、資格取得のために退職してしまうのではなく、今の仕事を続けながらまず資格を取り、その後に転職することをお勧めします。(三和氏)

posted by バチュラ at | Comment(1) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職をした事のある方に質問。転職活動の思い出や転職してみた感想は?

転職をした事のある方に質問。転職活動の思い出や転職してみた感想は?

「失敗した」とか「成功だった」というように、具体的な感想を書いた人のうちで、明らかにポジティブもしくはネガティブな感想を持っている人だけをリストアップし、世代別に集計しました。

すると転職にネガティブな(失敗、苦労した、公開、大変、最悪など)感想を持っている人は、20代の男性と、40代の女性に多いことが判明しました。20代男性は、いい意味でも悪い意味でも「おれはもっとできる!」と思いがちな生物なので、転職活動の内実や、新しい職場の現実が想い描いていたイメージと違うと、ショックを受けたり、傷ついたりするのではないでしょうか。傷つく経験を何度か繰り返すうち、期待値は下がり、現実的な判断をするようになる。年の功であるようです。

40代女性の3割がネガティブな感想なのは、彼女たちが20代から30代のころと比較して(年齢的に、そして日本の経済状況的に)明らかに転職が厳しくなっていることの現れでしょう。30代男性のポジティブな感想36%は、その年代が転職に「ベストな時期」であることを示しているのかもしれません。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(9) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職したことがありますか?

転職したことがありますか?

20代で4割以上、30代で約6割、40代になると7割の人に転職経験があるそうです。現代のビジネスパーソンは、40代までに、およそ3人に2人が、最初の会社を辞めてしまうということです。情報誌を読んで就職活動した世代にとって、定年まで勤め上げるという生き方は、もはや「想像できない」ものとなりつつあるのかもしれません。

しかし逆に捉えるなら、40代の約3割に転職経験がないという事実は、日本人にはいまだに「一つの会社で勤め上げる」感覚が根強く残っているということをあらわしているのかもしれません。「企業の寿命は約30年」とも「20年」とも言われますが、ひとりの人間が現役で働き続ける期間はそれより長い。だとすると、転職経験の有無を左右するのは、本人の転職に対する考え方の違いというより、たまたま本人が置かれた状況や、社会状況など、「運」の要素が大きいのかもしれませんね。


posted by バチュラ at | Comment(2) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

仕事をする上で「優秀」であることよりも、人間として「普通」であること

仕事をする上で「優秀」であることよりも、人間として「普通」であること

1.挨拶や言葉遣いなどのマナーを心掛けている人

2.誠実な対応により、周囲に不信を抱かせない人

3.物事の結果を常に自分の責任としてとらえる習慣を持っている人

4.チームプレーができる人

5.一般的な常識を外れない人


posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

応募内容は、どの会社でも同内容でいいの?

応募内容は、どの会社でも同内容でいいの?

企業に合わせて、志望動機などの内容を変えましょう。

あらかじめ用意した文章をコピーして、複数の企業に手間なく応募できるのが、Web応募の一つのメリットです。

しかし、そこで一手間加えることで、書類選考を突破できる確率をグンと高くすることができます。

例えば志望動機

各企業に合わせて書き分ける方が、採用担当者の心に響く文章になります。

また、現在の職務内容、仕事を通じて身につけたスキルなども、志望先の業種、職種に合わせてアレンジする方が、効果的にアピールできます。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業が実施したコスト削減

企業が実施したコスト削減

 市場調査によるとコスト削減は、転職を考える際の一つの要因になると回答した人が、37.8%にのぼり、その理由として働くモチベーションが下がるからと8割が回答した。

コスト削減を実施することで働くモチベーションや環境が変わることを懸念していることがうかがえる結果となった。
posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析 インターネットと人と企業をつなぐサービス開始