転職を考える

人気の歯科衛生士とは

人気の歯科衛生士とは

最近、歯科衛生士が人気の職業になっています。

歯の保健師さん兼看護師さん

歯科衛生士業務は大きく分けて3つです。

(1)歯周疾患の予防処置

(2)歯科保健指導

(3)歯科診療の補助である

歯科助手との違いは、(1)や(2)に携わることができること。そこで、歯石の除去や虫歯や歯周疾患の予防のためのブラッシング指導、食生活上のアドバイスも大切な仕事です。


歯科衛生士からアドバイス

この仕事の魅力
診療の補助だけでなく、実際に患者さんに接して歯石除去などの歯のクリーニングやブラッシング指導ができるのが歯科衛生士。やっぱり、自分の技術で患者さんに喜んでいただけると嬉しいですよ。患者さんから「すごくキレイになってる。ありがとう!」「気持ち良かった」と声をかけてもらえると、技術者としてやりがいを実感。「もっと頑張ろう」って思っちゃいます。また、私が働く医院では、年に1回、近くの聾(ろう)学校を訪問してハミガキの大切さなどを教える保健指導をしています。これからは、そういう伝える技術も磨いていきたいですね。衛生士長として技術をさらに向上させ、誰からも信頼される腕のいい歯科衛生士になりたいです!

今の仕事との出会い
将来働くなら、資格を活かせる仕事に就きたいとずっと思ってました。とくに医療系の仕事に憧れていましたね。「看護師さんもいいなぁ」と思っていると、母が「歯科衛生士はどう?国家資格を持つ仕事だし、長く勤められそうだよ」と教えてくれて…。資格を取るなら専門学校かな?」と思っていたのですが、実家から通える学校を探して、見つけたのが関西女子短期大学の歯科衛生学科でした。「短大卒の資格が取れて、ゼミや大学祭とかキャンパスライフも楽しめる!」と思ったし、何より歯科衛生士を育成してきた実績と、活躍している先輩たちの多さが魅力でした。

私の学生時代
予想通り、とっても楽しいキャンパスライフでしたよ。学ぶ目標がハッキリしてるからみんなすごく仲がいいんです。専門技術を基礎から丁寧に学べる授業はもちろんですが、やっぱり実習の豊富さが心に残っていますね。相互実習では友達とペアを組んでお互いの歯型をとったり、レントゲンを撮って勉強したり…。また、病院実習や臨地実習など学外実習を多く体験したので、就職しても違和感なく仕事に取り組むことができました。歯科衛生士は、医療技術者であると同時に、人と接して喜んでいただく仕事です。言葉使いとか、患者さんへの配慮はいつも心がけていますが、こうしたコミュニケーションの大切さも学校でしっかり教わったことなんです。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職相談

Q.資格取得前と後、転職するならどっち?

経理補助の経験があるので、できれば経理で転職したいのですが、簿記などの資格取得後に転職するべきでしょうか?(28歳・女性)

A.在職中なら、資格取得後に転職することをお勧めします

転職市場では、IT系でベンダー資格、外資系でTOEIC(R)、会計事務所で会計士補以上など、確かに一部の業界では評価につながる資格があります。ただし、資格というものは、社会から認められるものほど難易度が高く、取得までに時間がかかるものが少なくありません。退職してしまうと、資格取得の勉強中に仕事のブランクができてしまい、かえってそれが不利になることも。ですから、資格取得のために退職してしまうのではなく、今の仕事を続けながらまず資格を取り、その後に転職することをお勧めします。(三和氏)

posted by バチュラ at | Comment(1) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職をした事のある方に質問。転職活動の思い出や転職してみた感想は?

転職をした事のある方に質問。転職活動の思い出や転職してみた感想は?

「失敗した」とか「成功だった」というように、具体的な感想を書いた人のうちで、明らかにポジティブもしくはネガティブな感想を持っている人だけをリストアップし、世代別に集計しました。

すると転職にネガティブな(失敗、苦労した、公開、大変、最悪など)感想を持っている人は、20代の男性と、40代の女性に多いことが判明しました。20代男性は、いい意味でも悪い意味でも「おれはもっとできる!」と思いがちな生物なので、転職活動の内実や、新しい職場の現実が想い描いていたイメージと違うと、ショックを受けたり、傷ついたりするのではないでしょうか。傷つく経験を何度か繰り返すうち、期待値は下がり、現実的な判断をするようになる。年の功であるようです。

40代女性の3割がネガティブな感想なのは、彼女たちが20代から30代のころと比較して(年齢的に、そして日本の経済状況的に)明らかに転職が厳しくなっていることの現れでしょう。30代男性のポジティブな感想36%は、その年代が転職に「ベストな時期」であることを示しているのかもしれません。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(9) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職したことがありますか?

転職したことがありますか?

20代で4割以上、30代で約6割、40代になると7割の人に転職経験があるそうです。現代のビジネスパーソンは、40代までに、およそ3人に2人が、最初の会社を辞めてしまうということです。情報誌を読んで就職活動した世代にとって、定年まで勤め上げるという生き方は、もはや「想像できない」ものとなりつつあるのかもしれません。

しかし逆に捉えるなら、40代の約3割に転職経験がないという事実は、日本人にはいまだに「一つの会社で勤め上げる」感覚が根強く残っているということをあらわしているのかもしれません。「企業の寿命は約30年」とも「20年」とも言われますが、ひとりの人間が現役で働き続ける期間はそれより長い。だとすると、転職経験の有無を左右するのは、本人の転職に対する考え方の違いというより、たまたま本人が置かれた状況や、社会状況など、「運」の要素が大きいのかもしれませんね。


posted by バチュラ at | Comment(2) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

仕事をする上で「優秀」であることよりも、人間として「普通」であること

仕事をする上で「優秀」であることよりも、人間として「普通」であること

1.挨拶や言葉遣いなどのマナーを心掛けている人

2.誠実な対応により、周囲に不信を抱かせない人

3.物事の結果を常に自分の責任としてとらえる習慣を持っている人

4.チームプレーができる人

5.一般的な常識を外れない人


posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

応募内容は、どの会社でも同内容でいいの?

応募内容は、どの会社でも同内容でいいの?

企業に合わせて、志望動機などの内容を変えましょう。

あらかじめ用意した文章をコピーして、複数の企業に手間なく応募できるのが、Web応募の一つのメリットです。

しかし、そこで一手間加えることで、書類選考を突破できる確率をグンと高くすることができます。

例えば志望動機

各企業に合わせて書き分ける方が、採用担当者の心に響く文章になります。

また、現在の職務内容、仕事を通じて身につけたスキルなども、志望先の業種、職種に合わせてアレンジする方が、効果的にアピールできます。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業が実施したコスト削減

企業が実施したコスト削減

 市場調査によるとコスト削減は、転職を考える際の一つの要因になると回答した人が、37.8%にのぼり、その理由として働くモチベーションが下がるからと8割が回答した。

コスト削減を実施することで働くモチベーションや環境が変わることを懸念していることがうかがえる結果となった。
posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

有利な会社の辞め方

最初にするべきことは離職理由の確認である。「自己都合」となっているか、解雇や倒産などの「会社都合」かによって給付日数が変わってくるからだ。

雇用保険加入者が離職し、再就職先を探す間に家計の助けとなるのは失業等給付である。離職直前の賃金の約5〜8割が日割で支給される。だが、うっかりしていると、給付日数の制限を受けたりして給付金の額が少なくなることもある。まず注意すべきなのは、会社から渡される離職票のチェックである。

この離職票に本人の印を押したうえでハローワークへ提出すると、賃金額や離職理由をもとに基本手当の日額や給付日数、給付制限の有無が決定する。会社を辞めるのは誰にとってもストレスであり、冷静になることができず離職票にそのまま捺印してしまいがちである。しかし、より有利な形で再就職をするためにも、そこでいったん立ち止まることをお勧めしたい。

最初にするべきことは離職理由の確認である。「自己都合」となっているか、解雇や倒産などの「会社都合」かによって給付日数が変わってくるからだ。

自己都合なら、7日間の待期期間終了後、3カ月の給付制限がある。この間は基本手当を受給できない。懲戒解雇の場合も同じだ。一方、会社都合の場合は「特定受給資格者」となり、一般の離職者に比べて所定給付日数は多くなる(加入期間が短い場合を除く)。

実態としては会社都合なのに、離職票には自己都合と記されている場合もある。そういうときは会社に「なぜ自己都合なのか」と質問し、会社都合にしてもらえるよう要求すべきだ。

それでも会社の判断が変わらなかったときや、要求をしないまま捺印してしまったときは「具体的事情記載欄(離職者用)」に異議内容を記したうえで、ハローワークに相談しよう。特定受給資格者と認定され、給付制限なしに基本手当を受給できるかもしれない。

たとえば事業の縮小や廃止、事業所の移転による通勤の困難、労働条件の著しい相違、過度の残業、セクハラ、パワハラが原因で離職した場合も、特定受給資格者だ。

もう一つの留意点は、勤続年数によって基本手当を受け取れる期間が思いのほか違ってくるということだ。たとえば自己都合で辞める場合、被保険者であった期間が「10年未満」だと90日だが、「10年以上20年未満」なら120日と、10年を境に3割以上も増える。勤続年数がもう少しで10年に達するなら、離職の日を先延ばししたい。この点についても、離職票に捺印する前に会社と交渉すべきだ。

ところで2009年の雇用保険制度改正では、09年3月31日から12年3月31日までの期限つきながら、次のような仕組みが新設された。(1)労働契約が更新されなかったことによる離職者(いわゆる“雇い止め”)と、(2)やむをえない理由による自己都合の離職者については、「特定理由離職者」として特定受給資格者と同じ給付日数を保障されるというものだ。

(2)の「やむをえない理由」には、病気や妊娠、出産、育児、父母の介護による離職も含まれる。簡単にいえば、「会社都合」の範囲が広がったということだ。離職者にとっては歓迎すべき変化である。

もう一点、付け加えておきたい。失業給付金の受給期間内に就職が決まれば、基本手当の受給資格は失効する。しかし給付金がまったくもらえなくなるのかといえば、そんなことはない。一定の所得給付日数が残っていれば、再就職手当という名目で一時金が支給されるのである。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

路頭に迷うことなどありえない

 日本では路頭に迷うことができないということだ。例えば、長野県の松本市にある職業訓練学校を紹介しよう。

 この職業訓練学校は失業すれば誰でも入れる。一日行くと、毎朝九二〇〇円が支給される。そして六カ月間、なんらかの職を身につけるまで面倒を見てくれるのである。コースは全部で三〇以上あり、卒業すると、大工になったり、左官になったり、プログラマーになったりできる。

 訓練校を修了しプログラマーの会社に勤めて、マネジャーに殴られて辞めると、再入学して失業保険でまた半年勉強ができる。今度は木工をやって家具職になり、また棟梁に怒られて首になる。こうやって三〇回行ったり来たりしているあいだに、一生が終わり年金がつく。

 日本にはこういう制度があるわけだから、この国では路頭に迷うことなどありえないのである。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職を考える時

年収が低いのです

 意外と知らない今の自分の年収。年収とは、税金や社会保険料を含めた年間の総収入のことを指します。住宅手当・家族手当・残業手当などの各種手当も含まれるんですよ。これを「額面年収」と呼びます。手取り年収とは意味が異なりますので、「年収いくら?」と聞かれたときには額面年収をすぐに思い出せるといいですね。
また、およその金額で構わないので、将来的な見込み年収もきちんと把握しておくこと。将来設計のためにも給与体系を理解し、30歳、40歳時のモデル年収を把握しておくことをオススメします。

 「年収が低い…」さて、いったい誰と比較して「低い」と感じているのでしょうか。同じ業界内ではどうですか?同世代ではどうですか?そもそも、経験やスキルに応じた適正年収をもらえているのでしょうか?
 まずは、同業界・同職種の平均年収をチェックしたり、年収査定サービスを利用して適正年収を把握したりすることから初めてみてはいかがでしょうか。自分がいくらもらえるのか、正しく把握するところからスタートです。

年収レンジの高い会社を選ぶには
 年収の高い業界・低い業界があることはまぎれもない事実。一般的には、金融・不動産・医療・マスコミなどが高いと言われています。ただ、中途採用を積極的に行っている業界は限られているということも。希望の業界で中途採用があるかどうかをチェックしておきましょう。
利益率が高く、社員の給与に還元する業界・会社を選ぶことも大切です。一般的には、同じ業界内でもより業界順位が高く、利益率が高い会社は年収が高い傾向にあります。また、広告宣伝費を大量に投下するBtoCの企業よりは、BtoBの企業の方が年収が高い傾向にあるようです。

転職先の給料体系などもチェックしてます
 残業手当や住宅手当・家族手当などの有無も給与額に反映されるため、転職の時には細かく確認するのが◎。入社後のモデル年収や評価制度なども把握できると良いでしょう。
ただ、面接の中では非常に質問しにくいのが給与の話。タイミングを間違って給与について質問してしまうと、面接官の心象が悪くなってしまうので要注意です。求人票から年収を読み取るのは難しいと感じている方、年収交渉なんてできそうにないという方は、転職支援会社を利用するのも手です。代理人を通じて給与の話ができるので少しは気が楽になるかも?!
posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

企業が採用する基準とは?

企業が採用する基準とは?

 まず、採用基準というもの自体は、その会社によって様々であるということは間違いないことですが、しかしながらどの企業でも、共通している基準というものは存在しています。

 今日は、私の今までの経験から導き出した企業の採用基準の基本というものを紹介したいと思います。

 まず、はじめに結論から言いますと・・・

 社員の採用基準は、「ビジネス能力」「基礎能力」「志望動機」の3つを重要視していると言えます。

 会社というものは、これらの3つの能力を総合的に評価して、「うちの会社で活躍してくれる人材か」どうかを判断しているものです。

 「ビジネス能力」「基礎能力」「志望動機」と言われても、いまいちピンと来ないと思いますので、具体的に面接などでは、どのような項目をチェックしているのかを見て生きたいと思います。

 まずは「印象」です。

 表情や身だしなみ、振る舞いの印象をチェックし、この人材はストレスに強いかどうかを判断しています。

 つぎは「成果志向がある人間なのかどうか?」

 これに探りを入れることにより、この人材には目的意識というものを常日頃持っているのか?成果の執着心はどれぐらい強いのか?責任感はあるのか?といったところを見ています。

 次は、「インテリジェンス」です。

 つまり、常日頃、何かに興味を持ち、何かを学び得ているかどうか?ですね。

 この有無により、鋭い判断力があるか?多様な視点や価値観を持ち合わせているか?という部分を見ています。

 次は、「入社意欲」ですね。

 志望動機に説得力があるかどうか?仕事内容をきちんと把握しているのか?
向上意欲はどれぐらいか?を見ているのです。

 そして、「構想力」です。

 オリジナリティがあるか?型に合わせるだけでな無く、自分自身で何かを作り出す力があるかどうか?を見ています。

最後は、「対人影響」「コミュニケーション能力」です。

 入社後、誰とでも打ち解て、チームワークを保てるか?
お客さんや職場の仲間や上司との対話力、言葉遣い、場の空気を読むことはきちんとできるか?こういったところを見ているのです。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

経理の転職を考え中なら

優秀な経理専門の会社はこちら

 株式会社とんがりコラボは、中堅・中小企業様向けに人材派遣・人材紹介・財務・人事・リスクコンサルティングを行なっている会社であります。

 この企業の企業理念である「人生・経営・会計のやり方・あり方・あらわれ方を問い続け、真価創新をもたらし、人々の成長と企業の繁栄・存続に貢献する」ため及び企業ビジョンである「全関与先黒字存続」を目指し、日々活動をしております。

rinen7.gif

 今回のプロモーションである、人材派遣・人材紹介の特徴は、下記3点であります。

@職種を経理・財務専門でやっていること。

Aサービス提供先を関東圏(とりわけ横浜・川崎といったエリアに特化)に絞り、サポートの充実をはかっていること。

B派遣先・紹介先企業様を中堅・中小企業様に絞り、適正料金にてご提供させていただいていること。


posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職活動中の生活が不安

転職活動中の生活が不安

いろいろと悩むことも多い転職ですが、思いつきで辞めてから転職をするのではなく、計画的に活動しなくてはなりません。

今までの仕事の引き継ぎはどうするのか、転職先にはいつ移るのか。退職から転職まで期間がある場合その間の生活はできるのか。いろんな問題がありますよね。

最近では、在職中の転職活動を容認している企業が多いです(特に外資系企業)。今現在仕事をしているひとでも、仕事が終わってから面接をしてくれる企業だってありますし、引継ぎまで入社を猶予してくれるところもあります。

最後になりましたが、本当に満足のいく転職を実現するのは大変です。あなたひとりで孤独に戦っていては疲れてしまいます。

安心して満足のいく転職を実現されるのを応援しています!

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

今後転職したいと思っていますか?

今後転職したいと思っていますか?

 世代が上がるにつれて、「転職したい」というモチベーションは下がっていくようです。転職することで今よりも更に高いやりがいを見つけたり、高い給料を得たりすることは簡単なことではないと身にしみてわかってくるからでしょう。ビジネスパーソンとしての経験を積むなかで、やがて得られる認識は、

「転職は良し悪しどちらともいえない」(40代男性)

「どの職場にも一長一短がある」(50代男性)

といった、至って平凡なものであります。現実はあまり愉快ではない。ともかく、「自分がうまくいなかいのは職場(会社・業種・職種)のせいだ」と考えて、本気で「青い鳥」を探せるのは、若者の特権かもしれませんね。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

良い答え方

転職理由の良い答え方

転職者の人は、どうして前の会社を辞めたのか(または現在の会社を辞めるのか)、という転職理由を話すことはあまり気が進まないことだと思います。しかし転職者にとって、面接の時に転職理由について聞かれることは、避けることはできません。

転職理由については、採用する会社側は把握しておきたい事項です。
会社の立場としては、すぐに辞めてしまうかもしれないような人を、採用したくないはずです。

面接官はその点を見極めなくてはなりません。

転職回数の多い人の場合、そのこと自体がマイナスイメージと捉えられてしまいがちです。また転職理由は、客観的に見てきちんと理解してもらえるように説明できるように心がけましょう。

転職理由の良い答え方は、ステップアップを目指した前向きな気持ちを表すことです。


posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

若手に人気の転職先

建築・土木関連が狙い目!

 サブプライム問題の影響や建築基準法改正といった事情があって、全体的にみれば建築・土木業界も採用はやはり下向きというのが現状です。ただしその中でも、いまニーズとして高いのが設備関連です。

 このご時世に新しいものを建てていくというのは厳しいですが、すでに建っているものの設備・管理については人材が求められている状況というわけです。設備の設計や施工管理の経験を持っている人に対しては、積極採用が続いています。

 ニーズの割に経験者の数が少ない分野なので、状況は変わらず好調です。若手にもチャンスはあります。ただし数年の経験は問われます。未経験でも建築・電気・機械系の学科出身の方にはチャンスがあります。

 設備関連以外ですと、建築基準法改正の影響もあって、構造解析ができる人材もニーズは高いです。建築の設計というとやはり意匠設計が日の当たる仕事ですから、意匠設計は人気が高く、すでに人材があふれています。一方で、構造設計をやっている人は少ないので、ニーズが高いわけです。

 意匠設計と構造設計はまったく別の世界で、勉強を始める時点から道がどちらかに分かれてしまうので、両方をやっている人はなかなかいません。途中で意匠から構造へと路線変更することもできないので、意匠はずっと意匠、構造はずっと構造という形でやっていく方がほとんどです。そういう特徴があるために、構造設計をやっている人にはいまがチャンスなのだと思います。

 反対に意匠設計ですと、5年10年の経験を持っていて、かつ一級建築士の資格を持っていて、さらに大規模な建築物を扱ってきた……という人でないと、いま転職は厳しいと思います。

 企業規模でいうと、スーパーゼネコンクラスの大企業では、若手の施工管理を求めるところがあります。一方で、マンションデベロッパーに関しては、いまは採用はないに等しいです。

 こういう状況ですから、キャリアアップというのは正直難しいところはあります。しかし、何に重きを置いて転職活動をしていくか、何を求めて転職したいのかということをしっかりと考え、その志望に見合った企業を積極的に探す……そういうスタイルでどんどんとチャレンジしていけば、可能性が広がると思います。反対に、この経験や技術を持っているからここにいけるだろう……というピンポイントの応募では、可能性が低くなってしまうでしょう。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

有給休暇は買い取ってもらえるのか

有給休暇は買い取ってもらえるのか

休んでいるのに働いたのと同等の給与が付く有給休暇。改めて考えると不思議な制度である。給与を「労働の対価」として素朴に捉える人なら「休暇を取 るのにお金をもらうのは申し訳なく、かえって取得しづらい」「休みである以上は無給で構わないから、そのぶん就業日の給料に上乗せしてほしい」と考えるの が自然かもしれない。

労働基準法115条により、有休はわずか2年で権利が消滅時効にかかってしまうが、手持ちの有休をすべて使い切る社員は、日本では全体の3分の1ほ どしかいない。国際的に見れば最低水準にあるそうだ。ほとんどのサラリーマンやOL、アルバイトやパート従業員は、有休の権利を大なり小なり切り捨てて働 いていることになる。使わずに余らせて消滅しそうな有休がもったいないと考えた社員が、代わりに会社に対して金銭的補償(いわゆる「有休の買い取り」)を 求めることはできないのか。

有休買い取りに関する判例ではないが、昭和48年の最高裁判決は「有給休暇を『与える』とはいっても、その実際は、労働者自身が休暇をとること(す なわち、就労しないこと)によってはじめて、休暇の付与が実現されることになる」と述べた。つまり、社員が仕事を離れ、実際に心身を休めてリフレッシュす る目的で使われるべきなのだ。有休の買い取りが「お金は出すから、休まないで仕事してほしい」という会社の都合で使われるなら、制度の本義から外れてしま う。よって、有休の買い取りは認められないのが原則だ。

ただし、有休制度の本義から外れず、乱用されるおそれがなければ、例外的に会社が買い取ることもできる。たとえば、すでに2年の時効で消滅した有休 や、退職しようとする時点で余った有休などだ。とはいえ、社員が余らせた有休の買い取りに応じるかどうかは経営判断の問題である。有休買い取りの法的義務 までは会社に課されない。

労働問題などの会社法務に精通する、弁護士法人アヴァンセの金崎浩之弁護士は「実際に有休買い取りをしている会社は聞いたことがない」という。

「社内制度としても置かれないし、労使間の個別の合意での買い取りも行われていないと思う。なぜなら『社員が心身を休めるための有休を、お金に換える』ことを認める会社だという、誤ったメッセージを伝えてしまうおそれがあるからだ」(同)

しかし、「辞めるときに未消化有休の日数分だけ退職日をずらして、その退職日まで有休を消化し続けるという形を採るならば、事実上会社に有休を買い取ってもらっているのと変わらない」(同)。

仮に、日給1万円の社員が10日ぶんの有休を余らせたまま、ある月の20日に退職するならば、その退職日に買い取りを求めて、退職金上乗せなどの形 で10万円を受け取るのと、退職日を同月30日にずらし、21日から有休を使い切って10万円を給与として受け取り、そのまま退職するのとでは、結果的に 同じことである。だとしたら、会社は有休買い取りの回避を選択して、後者の方針に応じるはずだと金崎弁護士は説明する。

また、時効で消滅した有休の買い取り請求も「実際はたぶん通らないだろう」と手厳しい。

「有休は計画的に取得していくよう、自分で調整すべき話だから。有休申請のタイミングによっては会社の業務に支障が生じるため、有休を別の機会に取 得するよう会社が求めること(時季変更権の行使)は正当。それで有休が消えるなら、計画的に消化していかなかった本人が悪いんでしょ、という話」(同)

有休を取得しやすいかどうかは、法律の内容よりも、各社の「社風」という得体の知れないものに大きく左右される。金崎弁護士は「そういう空気は気にせずに有休を取るしか方法はない」と語る。


posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

まだまだ十分に就職口が残っている

まだまだ十分に就職口が残っている

 採用市場の厳しさを表す指標としては、有効求人倍率が一番ポピュラーな指標だろう。これは、仕事を探している人一人当たり、どれくらいの求人(仕事)があるか、というものだ。数字が大きくなればなるほど、応募者に有利となります。

 現在(14年)の新卒有効求人倍率は1.62、中途採用の有効求人倍率は0.43とスコアは4倍近くになっている。「そんなに新卒は有利か?」と、違和感を覚える人も多いだろうが、理由を知れば納得していただけるでしょう。

 新卒の有効求人倍率を従業員数1000名以上の大手企業と、1000名未満の中堅中小企業とに分けてみてみると、大手の新卒求人倍率(14年は 0.55)は、中途採用とほぼ同じで、文字通り氷河期だ。一方、中堅中小になると、今年でも新卒求人倍率は一挙に3.63と、中途採用の6倍を超える数字となっています。

 つまり、就職氷河とは、新卒では大企業のみの話で、中堅以下の企業には、まだまだ十分に就職口が残っているのです。

 ならば、えり好みしている学生が悪いのか。

 一概にそうも言えないのです。まず、中堅中小企業は、採用にかける予算が少ないため、なかなか採用広告が打てず、学生の目に留まらない。仮に広告を掲載しても、名前も事業もよく分からない企業だから、学生も応募に躊躇する。この辺に、問題解決の糸口があるのです。

 素性の分からない企業と学生を結ぶ。たとえば、大学主催で、中小企業の経営者と学生の飲み会を毎週開くのはどうか? 無手勝流でここに導線を作るのが、就職氷河を溶かすための一矢となるはずです。
posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失業言えずに、帰省とりやめる・・・

「失業言えず、帰省とりやめ」ハローワーク臨時窓口で

 全国の主要なハローワークで30日、今年最後の相談窓口が開かれた。

 当初、年内は27日が最終日だったが、要望が高いことから急きょ予定を変更して29、30の両日に臨時で開設、2日間で計約1万8000人が詰めかけた。

 東京・新宿の東京キャリアアップハローワークを訪れた男性(23)は今月21日に失業した。期間従業員として働いていた埼玉県狭山市の自動車工場の契約が更新されず、寮も1月12日までの退去を求められている。

 2時間半に及ぶ相談の結果、千葉県内の雇用促進住宅2軒を紹介されたほか、国の特別融資制度を利用すれば民間住宅を借りられることも教えられた。

 仕事はまだ見つかっていない。北海道に住む両親には失業を伝えておらず、帰省も取りやめた。男性は「初詣でで拝むことなんかない。三が日は寮で部屋を探します」と表情を曇らせていた。(読売新聞)
posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職を考える時

企業の将来は大丈夫なのか

 企業30年説、という言葉をご存じですか?会社にも寿命があり、優良企業として繁栄できるのは30年だという説があります。今、安定企業と言われていても、30年後にはどうなっているか分からないものです。
有名だし安定企業と言われているから、将来性もあるに違いないと思うのは大きな間違い。今大手企業に勤めている人も、もっと大手に転職してみたいと思っている人も、いま一度、「将来性」の本当の意味について考えてみましょう。

 「最近、業績悪いなー」と思っていても、意外と知らない我が社の状況。自社のIR情報や財務状況をきちんとご存知でしょうか?会社の売上高・利益高を把握しておくことは大前提として、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書などから財務状況も確認しておきたいもの。自己資本比率が極端に低い、有利子負債が売上高よりも多いなど、危険な兆候が見受けられたら注意しておきましょう。経営陣の動向から会社の状況を察するというのも一つの手です。

将来性のある会社を見極めるためには
「良い会社」を見分けるためには、以下のポイントに気をつけることをオススメします。
・しっかりとした顧客基盤があるかどうか…一過性でなく継続的な売り上げのために、強固な顧客基盤があるかどうか。また、どこか1社だけのクライアントに頼りきりになっていないかも重要。
・ニッチでも良いので、業界1位・2位までに入る商品をもっているかどうか…市場から必要とされる商品力・技術力の有無は重要なポイント。
・企業に柔軟性があるかどうか…いくら今は業績が良くても、市場の変化や新技術の出現に伴って事情が変わるかもしれません。組織として変革を認める風潮があるかどうかは大切です。

会社よりも「自分の将来性」を大切に
安定と言われる企業に勤めていたとしても、突然の倒産により行く先に困り果てるというケースは多々あります。一見ハイリスクと思えるベンチャー企業に就職して自らのスキルを磨き上げていた人の方が、実は転職市場では高く評価されたりするもの。有名企業への就職=ローリスク、ベンチャー企業=ハイリスクとは決して言えない時代。世界に名だたるあの有名企業でさえ昔はベンチャー企業だったのですよ。就職ではなく、「就社」には決してならないように!

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

正社員が「この先転職を考えている」と回答

正社員の4割強が「この先転職を考えている」

 最近、派遣切りや就職難のニュースが多く報道されていますが、ネットユーザーは転職・就職についてどのように考えているのだろうか?20代30代40代を中心とするネットユーザー752名の回答を集計しました。

 事前に職業を聞いた上で、現在転職または就職することを考えていますかと聞いたところ、「考えている」と回答した人は28.1%。男女に大きな差は 見られなかったのですが、年代別では、40代の22.4%に対し、30代は31.4%、20代は36.2%と、若い年代の方が転職・就職意向が高かったのです。

 現在は転職・就職を考えていない人のうち「将来転職または就職することを考えている」とした人は24.5%。現在の転職・就職意向で性差はなかったのですが、将来では、男性(17.4%)より女性(32.2%)の方が高い割合になっています。

 現在と将来を合わせると、男性(38.7%)、女性(52.8%)で全体の45.7%が転職・就職意向を示しました。年代別に見ると、20代 (66.0%)が最も割合が高く、年代が低いほど転職・就職を考えている人が多いようです。現在の就業形態別に見てみると、会社員(正社員)で42.1%、 会社員(派遣社員)では73.7%にのぼり、不況下でも転職意欲は低くないことがうかがえる結果となりました。

 転職または就職を考えている理由を複数回答形式で聞いたところ、性別や年代、就業形態を問わず「金銭的な余裕が欲しいから」が最も多く、全体の 44.7%。次いで「興味のある仕事をしたいから(29.4%)」「キャリアアップしたいから(26.9%)」といったステップアップ志向の意見がランク インしました。

 現在・将来を問わず転職・就職意向のある人に求人情報を得るために何を利用したいかと複数回答形式で聞いて見ると、20代のトップは「登録制の求人情報 サイト(54.8%)」、30代は「登録制の求人情報サイト」と「登録不要の求人情報サイト」が39.8%で同率トップ。40代も「登録不要の求人情報サ イト」「無料の求人情報誌」の2項目が47.1%並んでトップとなりました。年代が高くなるにつれ、簡易な方法で求人情報を得たいと考える傾向があるようです。

 この先、転職・就職意向のある人に、今後希望する就業形態を複数回答形式で聞いたところ、「正社員」が73.1%で1位に。性別・年代、就業形態問わず支持を集めました。

 男性は「個人事業主(28.6%)」「経営者(14.3%)」が女性を10ポイント以上上回り、独立への意向も見られました。女性は「正社員 (61.9%)」の希望が男性に比べ20ポイント以上低かったですが、「パート・アルバイト(21.8%)」「契約社員(21.2%)」では男性と15ポイン ト以上差をつけ、多様な就業形態を考えている様子です。

 年代別では、20代で「正社員」が87.1%と圧倒的に高く、「契約社員」「派遣社員」という非正規雇用を受容する人がほとんど見られなかったことも目につきました。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

年収が不満なら外資系企業に転職してみませんか?

年収が不満なら外資系企業に転職してみませんか?

仕事に対して正当な評価をあなたはもらっていますか?私はこんなものじゃない!と悔しい思いをなさっていませんか?

そんな仕事をバリバリこなしている女性の転職で人気なのが、外資系企業!

日本の古い体質の会社の場合、どんなに仕事を頑張ってもそれに見合った賃金がもらえないというのが悲しい現実です。

同期の仕事ができない男性社員と給料がほとんど変わらない(ヘタをすれば…)なんてヒドすぎます。

逆に、責任のある仕事になかなかつかせてもらえない、なんていう不遇な扱いを受けていることも…。

外資系企業の場合は、仕事ができる人には給与は惜しみません!有能な人材にはソレ相応の結果が返ってきます。女性の管理職が比較的多いという環境もあり、女性の転職先の候補としてはとても魅力的ですよ。

最近では景気の上向きを背景にして、銀行や証券会社、保険会社などの外資系の金融業界では中途採用枠が広がっています。つまり、今は外資系企業への転職のチャンスが大きくひろがっているところなんです。

でも、英語が話せるかどうか不安…。

外資系への転職で一番よくある理由ですね。しかし!意外に思われるかもしれませんが、入社する際に外資系企業で英語のスキルに関しては、それほど重要とされないというところが多いんですよ。

今がチャンスですから、転職を考えているなら堂々とチャレンジしてみましょう!

外資系への転職活動をよりスムーズに行うには、経験豊富な専門の支援サービスで、カウンセリングなど専門家の意見を聞くのもいいですよ。
posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職の理由

転職の理由として、自分のステップアップが目的の場合があります。かなりの転職希望者がこのケースではないでしょうか?

今の会社に求人票や情報誌で見た仕事内容に魅力を感じて就職したが、現実に仕事を行っていると、自分のイメージしていた内容と実際の業務内容が異なってしまっている。自分が希望する自分の将来像と会社が求める自分の将来像にズレがある。それが。転職を始めるきっかけとなるわけです。

どんなに仕事を熱心におこない、今の会社でステップアップしたとしても、自分のスキルを活かしきれない、そのため転職とするという選択です。

このように、ステップアップを目的とする転職は、転職後にその会社で前向きに働く意志を表していますから、転職される側の会社にとっても悪い理由ではありません。非常に前向きですから、将来、会社にとって重要な即戦力になっていく可能性が大きいわけです。

しかしながら、このステップアップを目的としている場合、採用側が重視する点は決まってきます。現在の会社でステップアップしてもスキルを生かしきれていないと思っているわけですから、転職後スキルアップできると思った理由は何かです? つまり、転職しようとしている会社の業務内容を十分に正確に把握しているかどうかがポイントになります。自分はその会社で具体的に何をしたいのかです。

転職する原因が会社と自分の将来像が合わないことなわけですから、ひょっとするとまた合わないかもしれません。その時はまた、自分の希望と違うということで、再び転職になるわけです。

自分はスキルを生かしたいと思ったときに、この点は大変重要です。転職を考えるときに、会社の下調べを徹底的に行う必要があります。そして、転職希望先の業務内容をしっかり把握した上で自分がどう働いていきたいのか明確にすることが必要です。そうでなければ転職を繰り返すだけになってしまうのです。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引主任者とは

 毎年約20万人が受験する人気の国家資格ですが、その人気の秘密は、社会的ニーズの高さ・活用範囲の広さです。特に不動産取引業界では、事務所ごと従業員5人に1人の割合で専任の宅建の有資格者を置くよう法律で定められているため、就・転職の強い味方となってくれます。

 また、一般企業の不動産関連セクション、小売業などの店舗開発業務にも実務上その知識が必要とされ、合格一時金や資格手当を支給している企業も。

 宅地建物取引主任者は、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格。

 不動産業界では事務所に5人に1人の割合で有資格者を置くよう義務付けられていて、需要は常にあります。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職 クチコミ

20代 女性 三重

元々がネットカフェの店長をしておりました。

個人的な事情により他県へ引っ越さねばならず、転職という形を取り、新しい仕事を探しました。

まず第一にサービス業以外をやった事がなく、事務関係はまったくの未経験の為、中途採用となると中々難しい状況でした。

趣味でパソコンをいじっていたのですが、その面を全面的に押し出して面接に挑みました。Excel等もある程度は使いこなせると言う部分もあり、無事に採用して頂けました。

パソコンの使用の有無ではなく、ソフトが使用出来るか出来ないかで大きく左右されるようですね。

特に事務関係は、事前にある程度の勉強が必要だと私は考えます。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

学生さんへ会社を選ぶアドバイス

学生さんへ会社を選ぶアドバイス

 就職活動は、「自分」と向き合うことができる貴重な期間です。社会人になると、少なくとも2年くらいはがむしゃらに走らないといけなくなるため、学生時代よりも自分のことについて考えることが少なくなりがちです。一生懸命等身大の「自分」と向き合って、入りたいと思う会社のことを知って、その上で「この会社だったら頑張れそう」と思える会社に入ることができたら、本当に幸せなことだと思います。

 就職活動のゴールは就職ではないという事を忘れないでいて欲しいと思います。就職はスタートですし、就職後の仕事はあくまで自分の人生の目的を達成するための「手段」であることを忘れてはならないと思います。全ての会社に言えることです。入社することが目的になったり、就職することがゴールになってしまうと、その後自分が何のために働いているのか、方向を見失うことになりますから。
 
 「自分に合った仕事を見つけよう」とよく就職活動の時に聞きましたけど、これは無視しても良いのかなと個人的には思いますけどね。そもそも実際に働いてみないと、自分に合っているか合っていないかなんて判断できないじゃないですか。それよりも自分が「どうありたいか」「何をしたいか」をしっかり考えることが大切だと思います。

 どんな仕事に就くにしても、遠からず近からず「経営」には必ず関わると思います。より経営者に近い位置で「経営」に関わりたい方、経営者に近い位置で仕事をすることに興味を持っている方にはオススメです。これから就職し、社会人となるわけですが、「縁」というのは本当にあるものです。就職活動を通して素敵な「縁」と巡り合えることを祈っています。

 多少の「向き不向き」はあるものの、自分に合う仕事かどうかは、実際に働いてみてから自分自身が決めることであって、学生の時点では決められないはずです。どのような会社にも本当に様々な仕事があるので大丈夫。それよりも、「いいな」と思える会社で働くことの方が幸せだと思います。

 就活は出会いの場ですので、まずはたくさんの会社と出会うことです。たくさんの会社と出会わなければ良し悪しも分かりませんし、自分に合うか合わないかも分かりません。そして、「自分らしさ」を大切にすること。よく就活本などを見て面接に臨んだりしている学生がいますが、あまりいただけませんね。

 素直に自分をさらけ出すことで、自分らしい会社に出会えるのですから、ストレートに会社に対して自分をアピールすれば良いのです。「私は5社も内定もらった!」こんなのは何の自慢にもなりません。それよりも大切なのは自分にとってベストな1社と出会うことです。神経質にならずに是非とも就活を楽しんでください。
楽しめなかったらもったいないですよ。


posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

中小企業と大企業の、メリットとデメリット

中小企業と大企業の、メリットとデメリット

従業員数は、今後の転職における判断材料のひとつにはなると思います。 チェックしてみてくださいね。

今回、少人数の企業と多人数の企業の、メリットとデメリットについてです、以下に簡単に記載させていただきます。


【少人数の会社の場合】
▼ メリット
・仕事の裁量権を持ちやすい。
・異動が少ないため、社員もまとまりやすく、家族的な雰囲気になりやすい。

▼ デメリット
・業務の割り振りが曖昧になりがちで、複数の業務を抱えることが多い。

【多人数の会社の場合】
▼ メリット
・多くの人と関わりを持つことができる。
・ジョブローテーションなどにより異動があることも多く、さまざまな業務を経験できる。

▼ デメリット
・一人一人の業務が細分化されていて、仕事の全容が見えないことが多い。

などが挙げられると思います。以上、参考にしてください。

とは言え、以上はあくまでも一般的な目安ですので、もちろん企業によって異なります。実際の職場の仕事の進め方や、雰囲気など、何か気になる点がおありの場合には、面接時に質問すると良いです。転職活動がんばってください。応援しています。
posted by バチュラ at | Comment(1) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

人材紹介会社を介すると、転職が成功しやすく待遇面で有利

企業との信頼から得られるリアルな情報

 人材紹介会社を介すると転職が成功し、待遇アップも確約されるかといえば、必ずしもそうとは言い切れません。しかし、人材紹介会社は、求人票には書ききれないキャリアステップの可能性や職場環境、待遇・残業・離職率などの実態といった様々な情報を詳しく得ることができます。応募前に、個人ではなかなか把握できない企業の内情に通じることで、入社後の実態や待遇面でのミスマッチをなくし、皆さんの転職を成功へと導くことができるのです。

 また応募の際には、応募者が作成した履歴書や職務経歴書などの書類だけではなく、キャリアコンサルタントによる「推薦状」を添えます。「推薦状」には、応募意志の強さや人間性など、応募書類だけでは伝わりにくい内容を伝わりやすくまとめます。この「推薦状」は人材紹介会社特有のもので、採用担当者は応募書類と共に目を通します。これにより短時間で応募者を理解でき、選考がスムーズに行えます。応募者と企業の双方を熟知しているからこそ書ける「推薦状」は、皆さんの目にはふれないところで、特別な効力を発揮しているといえるでしょう。

デリケートな条件交渉はプロが代行

「転職成功=年収アップ」とお考えの方も少なくないと思います。応募要項に年収が提示されている場合、企業では年収を納得の上で応募しているものとみなします。特に大手企業などでは、社内規程に則り給与を決裁している場合が多く、スキルによって給与が変わることはなく、面接の場で金額の交渉などをすることは好まれない傾向にあります。逆に面接で希望年収を確認されたにもかかわらず、きちんと自分の希望を伝えられずに納得のいかないまま入社してしまう方も少なくありません。このように、条件交渉は個人ではしづらく、うまくいかないことが多い傾向にあります。こんな時に頼りになるのが、交渉のプロともいえるキャリアコンサルタントです。

 採用が決定した際は、皆さんに代わって待遇の交渉を行います。例えば、他の企業でも内定をいただいている場合には、その旨もきちんと伝えた上で、本当に採用したい人材であることが確認できれば、他企業が提示する条件を踏まえながら希望年収や待遇の交渉を行います。さらに今回求めるポジションよりもスキルが高ければ、それに応じた新しいポジションをつくるといった交渉なども行い、双方にとって納得の行く入社条件へと導きます。また、残念ながら不採用になったとしても、採用担当者からの評価を基に、次回の応募・面接に役立つ情報をお伝えします。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職に必要な面接難問

コンサルティングファームなどの面接でよく聞かれる答えにくい質問の数々。うまい回答法を検証して見ましょう。

Q. あなたが考えるコンサルタントとは何ですか?
もっとも本質的な質問。コンサルタントの仕事について、どんな認識を持っているかを問われている。あるべきスタンス、果たすべきミッション、関わる業務領域などについて、自分なりの意見を伝えることが大切。もちろん応募先の企業が考えるコンサルタント像とマッチしていることが前提だが、独創的な見解を述べることで評価が上がる場合も。

Q. いままでの経験業務について教えて下さい
職務経歴書に書いてあることではなく、課題に対しての視点や、どう苦労を乗り切って解決し、最終的にどんな実績を上げたのかという流れが求められる。原因・結果を明確にし、端的に話せるように。また、自分の強み・特徴も3点程度にまとめておくといい。ただし、あくまでも職務経験のなかからの抽出としよう。

Q. うちの会社に入ってなにがしたいの?
志望動機はもちろん、転職理由、スキルの自己評価、将来のキャリアビジョンが幅広く問われる。その業務に携わりたい理由、志望する業務は担当可能か。あるいは足りないスキルがある場合、どうやって補うのか――これらの因果関係を明確にして話す。希望業務が会社の方針に合わない場合もあるので、事前の情報収集が重要だ。

Q. これまで徹夜や残業は多かった?
前の会社に対する不平不満が聞きたいのではない。コンサルタントは顧客あってのもの。顧客のために結果を出すにあたって、ときにはハードワークも求められる。また、「頭と足」のバランスが欠かせないため、フットワークと体力も必要だ。心身のタフさが備わっているのかどうかを知りたいのである。

Q. 前職では顧客とどう関わってきましたか?
コンサルタントに欠かせない顧客志向が問われている。顧客にどこまで親身になって仕事してきたのか。前職で顧客から信頼を勝ち得た具体的なエピソードを話せば、面接官の心に響く。「深くコミットできる環境になかったことに物足りなさを感じ、転職を考えた」という切り返し方もアリだろう。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

優秀な若手・中堅社員の忠心を得るために、上司が与えるべき、4つの“心のインセンティブ”とは何か

 逼迫した経営状況下にあっては、コストカットを余儀なくされる人件費。昇給なし、賞与ゼロでも、優秀な若手・中堅社員の忠心を得るために、上司が与えるべき、4つの“心のインセンティブ”とは何か。

 景気が後退し売り上げや利益が落ちると、経営にとって人件費の負担が重くのしかかる。人件費は、コスト全体に占める割合が大きく、経営が逼迫すると実にやっかいなものになる。

 人件費が負担なら削ればよいのだが、その方法は、一部特定の人の給与を減らすか、一部特定の人に辞めてもらうか、全員の給与を一律に減らすかしかない。しかし、このどれにも「法律」の壁が立ちはだかり、そう簡単には実施できるものではない。では一体、企業はどのようにしてこの人件費による経営利益の圧迫という問題に対応するのだろうか。

 それは、減らせないならこれ以上増えないようにする、という方法しかない。具体的には「昇給率を一律にダウンさせる」「昇給者や昇格者を極端に減らす」などのアクションだ。しかし、このような施策がとられた場合に、最も割を食うのは、少ない給料で大きな貢献をしている若手から中堅社員である。とくに景気の後退がなければ確実に昇格や昇進を果たしたであろう優秀な社員は、納得がいかない。モチベーションダウンは必至で、組織にとっても大きなマイナスになる。下手をすれば、この環境でも成長している会社に転職することも考えられるし、可能性を模索する社員も少なくないはずだ。

 そこで本稿では、このようなない袖は振れないという環境のなかでも、優秀な若手や中堅を筆頭に、多くの社員景気が後退し売り上げや利益が落ちると、経営にとって人件費の負担が重くのしかかる。人件費は、コスト全体に占める割合が大きく、経営が逼迫すると実にやっかいなものになる。

 人件費が負担なら削ればよいのだが、その方法は、一部特定の人の給与を減らすか、一部特定の人に辞めてもらうか、全員の給与を一律に減らすかしかない。しかし、このどれにも「法律」の壁が立ちはだかり、そう簡単には実施できるものではない。では一体、企業はどのようにしてこの人件費による経営利益の圧迫という問題に対応するのだろうか。

 それは、減らせないならこれ以上増えないようにする、という方法しかない。具体的には「昇給率を一律にダウンさせる」「昇給者や昇格者を極端に減らす」などのアクションだ。しかし、このような施策がとられた場合に、最も割を食うのは、少ない給料で大きな貢献をしている若手から中堅社員である。とくに景気の後退がなければ確実に昇格や昇進を果たしたであろう優秀な社員は、納得がいかない。モチベーションダウンは必至で、組織にとっても大きなマイナスになる。下手をすれば、この環境でも成長している会社に転職することも考えられるし、可能性を模索する社員も少なくないはずだ。

 そこで本稿では、このようなない袖は振れないという環境のなかでも、優秀な若手や中堅を筆頭に、多くの社員のモチベーションを維持していくためにできることについて考えてみたい。

 組織に属する人間は、ひとつの重要な資源であり資産であるが、単なるシステム部品ではない。感情を持つ生身の人間であり、働く意味や組織のなかでの自身の存在意義を常に問い続けている生き物である。

 お金も働くうえで非常に重要ではあるが、それ以外にも、仕事の面白さ、仲間との良好な人間関係、権力や地位など、さまざまなものへの欲求を持っている。お金が出せない現実のなかでは、「不景気が諸悪の根源だ」と嘆いていても始まらない。他の欲求に応えることに時間と労力を使ったほうが賢明である。ここではこのような欲求に応える行為を、「インセンティブ(達成意欲を高める源泉)を与える」と呼ぶことにする。

続きを読む
posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析 インターネットと人と企業をつなぐサービス開始