転職を考える

建築系転職希望者はココに注目!

建築系転職希望者はココに注目!

建築業界の転職は、関連業界である不動産業界の景気に左右される部分が大きく、求人ニーズは不安定と言えますが、近年は、不動産業界の好況を受けて、特に設計士などを中心に売り手市場となっています。

土木分野では、公共投資額の減少などにより、それに代わる新たなビジネスモデルの模索が続いており、求人ニーズは今後の展開に期待したいところです。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職 クチコミ

転職を考えるのショッピング

hahato 40代後半 女性 香川 [建築系転職]

私は、建設土木系のエンジニアです。 転職経験は3回あります。その際には、転職情報がかなり参考になりました。転職を決意するきっかけは、キャリアアップとスキルアップのためでした。やっぱり好きな仕事をするのが一番良いと思います。

転職するためには、資格取得が必数条件だと思います。私も、一級土木施工管理技士、技術士建設部門、技術士総合監理部門などの資格を死ぬ思いで取得しました。転職回数も今は、キャリアとしてみてくれる会社もあり、いろんな場所で勉強、経験を積んでいると前向きな解釈をしてくれる会社が増えている気がします。3回の転職経験でステップアップしている場合だけではないと思いますが、色んな職種の人々と知り合えて一緒に働く事が自分の人生においてプラスになっています。技術的により高度な仕事をするためには、転職することも必要だと思います。キャリアアップと収入アップを目指してバリバリと働きたいと思っています。

転職を経験してきたことで、これから転職をしようと考えている方にアドバイスがあります。それは、転職活動に入る前に冷静になってみることです。そして、多くのエネルギーを使って、転職するならより条件が良く、自分が納得できる会社に転職することです。そのためには、転職市場の中で、自分のキャリア価値を知っておくとことが大切だと思います。何のために転職するのか、転職で何を得たいのかをしっかりと考えて転職することが大事だと思います。


posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職 クチコミ

smayrry 20代後半 女性 宮崎県 [建築系転職]

 あたしが勤めていたのは地方の中堅のゼネコンの設計部。公立大学の建築系の学科を卒業して就職しました。面接の時には時間外も休日出勤もほぼなしって言う説明でした。

 しかし、勤め始めて1ヶ月。朝7時前に家を出て、帰ってくるのは23時を超える日が続いていました。休みも週2日のはずがかろうじて日曜のみ。イベントのある月は、月1日になることもありました。その上、上司との関係も悪化しストレスで頭がおかしくなりそうな日々。コレはもう転職するしかないと思い、転職に踏み切りました。

 精神的に参ってしまっていたので、やめた後は半年ほど休養を取り、今は小さな工務店で働いています。給料は下がりましたが、後悔はまったくありません。むしろあのまま働いていたら…と思うとやめてよかったという思いでいっぱいです。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職 クチコミ

転職を考えるのショッピング

himoko 40代後半 女性 栃木 [建築系転職]

私は、建設土木系のエンジニアです。転職経験は3回あります。その際には、転職情報がかなり参考になりました。転職を決意するきっかけは、キャリアアップとスキルアップのためでした。やっぱり好きな仕事をするのが一番良いと思います。転職するためには、資格取得が必数条件だと思います。私も、一級土木施工管理技士、技術士建設部門、技術士総合監理部門などの資格を死ぬ思いで取得しました。転職回数も今は、キャリアとしてみてくれる会社もあり、いろんな場所で勉強、経験を積んでいると前向きな解釈をしてくれる会社が増えている気がします。3回の転職経験でステップアップしている場合だけではないと思いますが、色んな職種の人々と知り合えて一緒に働く事が自分の人生においてプラスになっています。技術的により高度な仕事をするためには、転職することも必要だと思います。キャリアアップと収入アップを目指してバリバリと働きたいと思っています。転職を経験してきたことで、これから転職をしようと考えている方にアドバイスがあります。それは、転職活動に入る前に冷静になってみることです。そして、多くのエネルギーを使って、転職するならより条件が良く、自分が納得できる会社に転職することです。そのためには、転職市場の中で、自分のキャリア価値を知っておくとことが大切だと思います。何のために転職するのか、転職で何を得たいのかをしっかりと考えて転職することが大事だと思います。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

建築とは

建築

建物の建築、内装の整備、建物に関係した建築や修繕を業務として行います。建設準備についての材料運搬、水道・ガスなどの配管工、空調工事スタッフなど建築作業に関わる作業と同じだけの技術職が存在します。また、設計のCADオペレーター業務も建築関係として見られます。

建築に人気のある企業BEST 3

第1位 鹿島建設株式会社

第2位 株式会社大林組

第3位 積水ハウス株式会社
posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析 インターネットと人と企業をつなぐサービス開始