転職を考える

経理の転職を考え中なら

優秀な経理専門の会社はこちら

 株式会社とんがりコラボは、中堅・中小企業様向けに人材派遣・人材紹介・財務・人事・リスクコンサルティングを行なっている会社であります。

 この企業の企業理念である「人生・経営・会計のやり方・あり方・あらわれ方を問い続け、真価創新をもたらし、人々の成長と企業の繁栄・存続に貢献する」ため及び企業ビジョンである「全関与先黒字存続」を目指し、日々活動をしております。

rinen7.gif

 今回のプロモーションである、人材派遣・人材紹介の特徴は、下記3点であります。

@職種を経理・財務専門でやっていること。

Aサービス提供先を関東圏(とりわけ横浜・川崎といったエリアに特化)に絞り、サポートの充実をはかっていること。

B派遣先・紹介先企業様を中堅・中小企業様に絞り、適正料金にてご提供させていただいていること。


posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職活動中の生活が不安

転職活動中の生活が不安

いろいろと悩むことも多い転職ですが、思いつきで辞めてから転職をするのではなく、計画的に活動しなくてはなりません。

今までの仕事の引き継ぎはどうするのか、転職先にはいつ移るのか。退職から転職まで期間がある場合その間の生活はできるのか。いろんな問題がありますよね。

最近では、在職中の転職活動を容認している企業が多いです(特に外資系企業)。今現在仕事をしているひとでも、仕事が終わってから面接をしてくれる企業だってありますし、引継ぎまで入社を猶予してくれるところもあります。

最後になりましたが、本当に満足のいく転職を実現するのは大変です。あなたひとりで孤独に戦っていては疲れてしまいます。

安心して満足のいく転職を実現されるのを応援しています!

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

今後転職したいと思っていますか?

今後転職したいと思っていますか?

 世代が上がるにつれて、「転職したい」というモチベーションは下がっていくようです。転職することで今よりも更に高いやりがいを見つけたり、高い給料を得たりすることは簡単なことではないと身にしみてわかってくるからでしょう。ビジネスパーソンとしての経験を積むなかで、やがて得られる認識は、

「転職は良し悪しどちらともいえない」(40代男性)

「どの職場にも一長一短がある」(50代男性)

といった、至って平凡なものであります。現実はあまり愉快ではない。ともかく、「自分がうまくいなかいのは職場(会社・業種・職種)のせいだ」と考えて、本気で「青い鳥」を探せるのは、若者の特権かもしれませんね。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

良い答え方

転職理由の良い答え方

転職者の人は、どうして前の会社を辞めたのか(または現在の会社を辞めるのか)、という転職理由を話すことはあまり気が進まないことだと思います。しかし転職者にとって、面接の時に転職理由について聞かれることは、避けることはできません。

転職理由については、採用する会社側は把握しておきたい事項です。
会社の立場としては、すぐに辞めてしまうかもしれないような人を、採用したくないはずです。

面接官はその点を見極めなくてはなりません。

転職回数の多い人の場合、そのこと自体がマイナスイメージと捉えられてしまいがちです。また転職理由は、客観的に見てきちんと理解してもらえるように説明できるように心がけましょう。

転職理由の良い答え方は、ステップアップを目指した前向きな気持ちを表すことです。


posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職 クチコミ

いさっぷ 30代前半 女性 富山 [営業系転職]

 ずっと父の下で塗装の仕事をしています。でも、ちょっときつくていやだったので、転職を考えました。食品などの企業に興味があったので、とりあえず、そこに転職希望でサイトを利用さしてもらいました。

 今はやめてしまいましたが、転職もなかなか大変だなぁとつくづく思いましたね。でも、今となってはいい経験だった気もします。転職を考えてる人に言えるとしたら、ただひとつだけですね。転職の前に今の仕事から転職すべきなのかどうかを考えることですね。

 ごく当たり前のような気もしますが、人間というのは今が辛いとそれから逃げたくなり、後先を考えずに行動してしまいます。

 だから1度しっかりと考えた上で決めた方がいいですよ!それが転職から学んだことです。

posted by バチュラ at | Comment(1) | TrackBack(0) | 営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

若手に人気の転職先

建築・土木関連が狙い目!

 サブプライム問題の影響や建築基準法改正といった事情があって、全体的にみれば建築・土木業界も採用はやはり下向きというのが現状です。ただしその中でも、いまニーズとして高いのが設備関連です。

 このご時世に新しいものを建てていくというのは厳しいですが、すでに建っているものの設備・管理については人材が求められている状況というわけです。設備の設計や施工管理の経験を持っている人に対しては、積極採用が続いています。

 ニーズの割に経験者の数が少ない分野なので、状況は変わらず好調です。若手にもチャンスはあります。ただし数年の経験は問われます。未経験でも建築・電気・機械系の学科出身の方にはチャンスがあります。

 設備関連以外ですと、建築基準法改正の影響もあって、構造解析ができる人材もニーズは高いです。建築の設計というとやはり意匠設計が日の当たる仕事ですから、意匠設計は人気が高く、すでに人材があふれています。一方で、構造設計をやっている人は少ないので、ニーズが高いわけです。

 意匠設計と構造設計はまったく別の世界で、勉強を始める時点から道がどちらかに分かれてしまうので、両方をやっている人はなかなかいません。途中で意匠から構造へと路線変更することもできないので、意匠はずっと意匠、構造はずっと構造という形でやっていく方がほとんどです。そういう特徴があるために、構造設計をやっている人にはいまがチャンスなのだと思います。

 反対に意匠設計ですと、5年10年の経験を持っていて、かつ一級建築士の資格を持っていて、さらに大規模な建築物を扱ってきた……という人でないと、いま転職は厳しいと思います。

 企業規模でいうと、スーパーゼネコンクラスの大企業では、若手の施工管理を求めるところがあります。一方で、マンションデベロッパーに関しては、いまは採用はないに等しいです。

 こういう状況ですから、キャリアアップというのは正直難しいところはあります。しかし、何に重きを置いて転職活動をしていくか、何を求めて転職したいのかということをしっかりと考え、その志望に見合った企業を積極的に探す……そういうスタイルでどんどんとチャレンジしていけば、可能性が広がると思います。反対に、この経験や技術を持っているからここにいけるだろう……というピンポイントの応募では、可能性が低くなってしまうでしょう。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

有給休暇は買い取ってもらえるのか

有給休暇は買い取ってもらえるのか

休んでいるのに働いたのと同等の給与が付く有給休暇。改めて考えると不思議な制度である。給与を「労働の対価」として素朴に捉える人なら「休暇を取 るのにお金をもらうのは申し訳なく、かえって取得しづらい」「休みである以上は無給で構わないから、そのぶん就業日の給料に上乗せしてほしい」と考えるの が自然かもしれない。

労働基準法115条により、有休はわずか2年で権利が消滅時効にかかってしまうが、手持ちの有休をすべて使い切る社員は、日本では全体の3分の1ほ どしかいない。国際的に見れば最低水準にあるそうだ。ほとんどのサラリーマンやOL、アルバイトやパート従業員は、有休の権利を大なり小なり切り捨てて働 いていることになる。使わずに余らせて消滅しそうな有休がもったいないと考えた社員が、代わりに会社に対して金銭的補償(いわゆる「有休の買い取り」)を 求めることはできないのか。

有休買い取りに関する判例ではないが、昭和48年の最高裁判決は「有給休暇を『与える』とはいっても、その実際は、労働者自身が休暇をとること(す なわち、就労しないこと)によってはじめて、休暇の付与が実現されることになる」と述べた。つまり、社員が仕事を離れ、実際に心身を休めてリフレッシュす る目的で使われるべきなのだ。有休の買い取りが「お金は出すから、休まないで仕事してほしい」という会社の都合で使われるなら、制度の本義から外れてしま う。よって、有休の買い取りは認められないのが原則だ。

ただし、有休制度の本義から外れず、乱用されるおそれがなければ、例外的に会社が買い取ることもできる。たとえば、すでに2年の時効で消滅した有休 や、退職しようとする時点で余った有休などだ。とはいえ、社員が余らせた有休の買い取りに応じるかどうかは経営判断の問題である。有休買い取りの法的義務 までは会社に課されない。

労働問題などの会社法務に精通する、弁護士法人アヴァンセの金崎浩之弁護士は「実際に有休買い取りをしている会社は聞いたことがない」という。

「社内制度としても置かれないし、労使間の個別の合意での買い取りも行われていないと思う。なぜなら『社員が心身を休めるための有休を、お金に換える』ことを認める会社だという、誤ったメッセージを伝えてしまうおそれがあるからだ」(同)

しかし、「辞めるときに未消化有休の日数分だけ退職日をずらして、その退職日まで有休を消化し続けるという形を採るならば、事実上会社に有休を買い取ってもらっているのと変わらない」(同)。

仮に、日給1万円の社員が10日ぶんの有休を余らせたまま、ある月の20日に退職するならば、その退職日に買い取りを求めて、退職金上乗せなどの形 で10万円を受け取るのと、退職日を同月30日にずらし、21日から有休を使い切って10万円を給与として受け取り、そのまま退職するのとでは、結果的に 同じことである。だとしたら、会社は有休買い取りの回避を選択して、後者の方針に応じるはずだと金崎弁護士は説明する。

また、時効で消滅した有休の買い取り請求も「実際はたぶん通らないだろう」と手厳しい。

「有休は計画的に取得していくよう、自分で調整すべき話だから。有休申請のタイミングによっては会社の業務に支障が生じるため、有休を別の機会に取 得するよう会社が求めること(時季変更権の行使)は正当。それで有休が消えるなら、計画的に消化していかなかった本人が悪いんでしょ、という話」(同)

有休を取得しやすいかどうかは、法律の内容よりも、各社の「社風」という得体の知れないものに大きく左右される。金崎弁護士は「そういう空気は気にせずに有休を取るしか方法はない」と語る。


posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析 インターネットと人と企業をつなぐサービス開始
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。