転職を考える

有利な会社の辞め方

最初にするべきことは離職理由の確認である。「自己都合」となっているか、解雇や倒産などの「会社都合」かによって給付日数が変わってくるからだ。

雇用保険加入者が離職し、再就職先を探す間に家計の助けとなるのは失業等給付である。離職直前の賃金の約5〜8割が日割で支給される。だが、うっかりしていると、給付日数の制限を受けたりして給付金の額が少なくなることもある。まず注意すべきなのは、会社から渡される離職票のチェックである。

この離職票に本人の印を押したうえでハローワークへ提出すると、賃金額や離職理由をもとに基本手当の日額や給付日数、給付制限の有無が決定する。会社を辞めるのは誰にとってもストレスであり、冷静になることができず離職票にそのまま捺印してしまいがちである。しかし、より有利な形で再就職をするためにも、そこでいったん立ち止まることをお勧めしたい。

最初にするべきことは離職理由の確認である。「自己都合」となっているか、解雇や倒産などの「会社都合」かによって給付日数が変わってくるからだ。

自己都合なら、7日間の待期期間終了後、3カ月の給付制限がある。この間は基本手当を受給できない。懲戒解雇の場合も同じだ。一方、会社都合の場合は「特定受給資格者」となり、一般の離職者に比べて所定給付日数は多くなる(加入期間が短い場合を除く)。

実態としては会社都合なのに、離職票には自己都合と記されている場合もある。そういうときは会社に「なぜ自己都合なのか」と質問し、会社都合にしてもらえるよう要求すべきだ。

それでも会社の判断が変わらなかったときや、要求をしないまま捺印してしまったときは「具体的事情記載欄(離職者用)」に異議内容を記したうえで、ハローワークに相談しよう。特定受給資格者と認定され、給付制限なしに基本手当を受給できるかもしれない。

たとえば事業の縮小や廃止、事業所の移転による通勤の困難、労働条件の著しい相違、過度の残業、セクハラ、パワハラが原因で離職した場合も、特定受給資格者だ。

もう一つの留意点は、勤続年数によって基本手当を受け取れる期間が思いのほか違ってくるということだ。たとえば自己都合で辞める場合、被保険者であった期間が「10年未満」だと90日だが、「10年以上20年未満」なら120日と、10年を境に3割以上も増える。勤続年数がもう少しで10年に達するなら、離職の日を先延ばししたい。この点についても、離職票に捺印する前に会社と交渉すべきだ。

ところで2009年の雇用保険制度改正では、09年3月31日から12年3月31日までの期限つきながら、次のような仕組みが新設された。(1)労働契約が更新されなかったことによる離職者(いわゆる“雇い止め”)と、(2)やむをえない理由による自己都合の離職者については、「特定理由離職者」として特定受給資格者と同じ給付日数を保障されるというものだ。

(2)の「やむをえない理由」には、病気や妊娠、出産、育児、父母の介護による離職も含まれる。簡単にいえば、「会社都合」の範囲が広がったということだ。離職者にとっては歓迎すべき変化である。

もう一点、付け加えておきたい。失業給付金の受給期間内に就職が決まれば、基本手当の受給資格は失効する。しかし給付金がまったくもらえなくなるのかといえば、そんなことはない。一定の所得給付日数が残っていれば、再就職手当という名目で一時金が支給されるのである。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

路頭に迷うことなどありえない

 日本では路頭に迷うことができないということだ。例えば、長野県の松本市にある職業訓練学校を紹介しよう。

 この職業訓練学校は失業すれば誰でも入れる。一日行くと、毎朝九二〇〇円が支給される。そして六カ月間、なんらかの職を身につけるまで面倒を見てくれるのである。コースは全部で三〇以上あり、卒業すると、大工になったり、左官になったり、プログラマーになったりできる。

 訓練校を修了しプログラマーの会社に勤めて、マネジャーに殴られて辞めると、再入学して失業保険でまた半年勉強ができる。今度は木工をやって家具職になり、また棟梁に怒られて首になる。こうやって三〇回行ったり来たりしているあいだに、一生が終わり年金がつく。

 日本にはこういう制度があるわけだから、この国では路頭に迷うことなどありえないのである。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職を考える時

年収が低いのです

 意外と知らない今の自分の年収。年収とは、税金や社会保険料を含めた年間の総収入のことを指します。住宅手当・家族手当・残業手当などの各種手当も含まれるんですよ。これを「額面年収」と呼びます。手取り年収とは意味が異なりますので、「年収いくら?」と聞かれたときには額面年収をすぐに思い出せるといいですね。
また、およその金額で構わないので、将来的な見込み年収もきちんと把握しておくこと。将来設計のためにも給与体系を理解し、30歳、40歳時のモデル年収を把握しておくことをオススメします。

 「年収が低い…」さて、いったい誰と比較して「低い」と感じているのでしょうか。同じ業界内ではどうですか?同世代ではどうですか?そもそも、経験やスキルに応じた適正年収をもらえているのでしょうか?
 まずは、同業界・同職種の平均年収をチェックしたり、年収査定サービスを利用して適正年収を把握したりすることから初めてみてはいかがでしょうか。自分がいくらもらえるのか、正しく把握するところからスタートです。

年収レンジの高い会社を選ぶには
 年収の高い業界・低い業界があることはまぎれもない事実。一般的には、金融・不動産・医療・マスコミなどが高いと言われています。ただ、中途採用を積極的に行っている業界は限られているということも。希望の業界で中途採用があるかどうかをチェックしておきましょう。
利益率が高く、社員の給与に還元する業界・会社を選ぶことも大切です。一般的には、同じ業界内でもより業界順位が高く、利益率が高い会社は年収が高い傾向にあります。また、広告宣伝費を大量に投下するBtoCの企業よりは、BtoBの企業の方が年収が高い傾向にあるようです。

転職先の給料体系などもチェックしてます
 残業手当や住宅手当・家族手当などの有無も給与額に反映されるため、転職の時には細かく確認するのが◎。入社後のモデル年収や評価制度なども把握できると良いでしょう。
ただ、面接の中では非常に質問しにくいのが給与の話。タイミングを間違って給与について質問してしまうと、面接官の心象が悪くなってしまうので要注意です。求人票から年収を読み取るのは難しいと感じている方、年収交渉なんてできそうにないという方は、転職支援会社を利用するのも手です。代理人を通じて給与の話ができるので少しは気が楽になるかも?!
posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

企業が採用する基準とは?

企業が採用する基準とは?

 まず、採用基準というもの自体は、その会社によって様々であるということは間違いないことですが、しかしながらどの企業でも、共通している基準というものは存在しています。

 今日は、私の今までの経験から導き出した企業の採用基準の基本というものを紹介したいと思います。

 まず、はじめに結論から言いますと・・・

 社員の採用基準は、「ビジネス能力」「基礎能力」「志望動機」の3つを重要視していると言えます。

 会社というものは、これらの3つの能力を総合的に評価して、「うちの会社で活躍してくれる人材か」どうかを判断しているものです。

 「ビジネス能力」「基礎能力」「志望動機」と言われても、いまいちピンと来ないと思いますので、具体的に面接などでは、どのような項目をチェックしているのかを見て生きたいと思います。

 まずは「印象」です。

 表情や身だしなみ、振る舞いの印象をチェックし、この人材はストレスに強いかどうかを判断しています。

 つぎは「成果志向がある人間なのかどうか?」

 これに探りを入れることにより、この人材には目的意識というものを常日頃持っているのか?成果の執着心はどれぐらい強いのか?責任感はあるのか?といったところを見ています。

 次は、「インテリジェンス」です。

 つまり、常日頃、何かに興味を持ち、何かを学び得ているかどうか?ですね。

 この有無により、鋭い判断力があるか?多様な視点や価値観を持ち合わせているか?という部分を見ています。

 次は、「入社意欲」ですね。

 志望動機に説得力があるかどうか?仕事内容をきちんと把握しているのか?
向上意欲はどれぐらいか?を見ているのです。

 そして、「構想力」です。

 オリジナリティがあるか?型に合わせるだけでな無く、自分自身で何かを作り出す力があるかどうか?を見ています。

最後は、「対人影響」「コミュニケーション能力」です。

 入社後、誰とでも打ち解て、チームワークを保てるか?
お客さんや職場の仲間や上司との対話力、言葉遣い、場の空気を読むことはきちんとできるか?こういったところを見ているのです。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

経理の転職を考え中なら

優秀な経理専門の会社はこちら

 株式会社とんがりコラボは、中堅・中小企業様向けに人材派遣・人材紹介・財務・人事・リスクコンサルティングを行なっている会社であります。

 この企業の企業理念である「人生・経営・会計のやり方・あり方・あらわれ方を問い続け、真価創新をもたらし、人々の成長と企業の繁栄・存続に貢献する」ため及び企業ビジョンである「全関与先黒字存続」を目指し、日々活動をしております。

rinen7.gif

 今回のプロモーションである、人材派遣・人材紹介の特徴は、下記3点であります。

@職種を経理・財務専門でやっていること。

Aサービス提供先を関東圏(とりわけ横浜・川崎といったエリアに特化)に絞り、サポートの充実をはかっていること。

B派遣先・紹介先企業様を中堅・中小企業様に絞り、適正料金にてご提供させていただいていること。


posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職活動中の生活が不安

転職活動中の生活が不安

いろいろと悩むことも多い転職ですが、思いつきで辞めてから転職をするのではなく、計画的に活動しなくてはなりません。

今までの仕事の引き継ぎはどうするのか、転職先にはいつ移るのか。退職から転職まで期間がある場合その間の生活はできるのか。いろんな問題がありますよね。

最近では、在職中の転職活動を容認している企業が多いです(特に外資系企業)。今現在仕事をしているひとでも、仕事が終わってから面接をしてくれる企業だってありますし、引継ぎまで入社を猶予してくれるところもあります。

最後になりましたが、本当に満足のいく転職を実現するのは大変です。あなたひとりで孤独に戦っていては疲れてしまいます。

安心して満足のいく転職を実現されるのを応援しています!

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

今後転職したいと思っていますか?

今後転職したいと思っていますか?

 世代が上がるにつれて、「転職したい」というモチベーションは下がっていくようです。転職することで今よりも更に高いやりがいを見つけたり、高い給料を得たりすることは簡単なことではないと身にしみてわかってくるからでしょう。ビジネスパーソンとしての経験を積むなかで、やがて得られる認識は、

「転職は良し悪しどちらともいえない」(40代男性)

「どの職場にも一長一短がある」(50代男性)

といった、至って平凡なものであります。現実はあまり愉快ではない。ともかく、「自分がうまくいなかいのは職場(会社・業種・職種)のせいだ」と考えて、本気で「青い鳥」を探せるのは、若者の特権かもしれませんね。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析 インターネットと人と企業をつなぐサービス開始