転職を考える

建築系転職希望者はココに注目!

建築系転職希望者はココに注目!

建築業界の転職は、関連業界である不動産業界の景気に左右される部分が大きく、求人ニーズは不安定と言えますが、近年は、不動産業界の好況を受けて、特に設計士などを中心に売り手市場となっています。

土木分野では、公共投資額の減少などにより、それに代わる新たなビジネスモデルの模索が続いており、求人ニーズは今後の展開に期待したいところです。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職を考える時

企業の将来は大丈夫なのか

 企業30年説、という言葉をご存じですか?会社にも寿命があり、優良企業として繁栄できるのは30年だという説があります。今、安定企業と言われていても、30年後にはどうなっているか分からないものです。
有名だし安定企業と言われているから、将来性もあるに違いないと思うのは大きな間違い。今大手企業に勤めている人も、もっと大手に転職してみたいと思っている人も、いま一度、「将来性」の本当の意味について考えてみましょう。

 「最近、業績悪いなー」と思っていても、意外と知らない我が社の状況。自社のIR情報や財務状況をきちんとご存知でしょうか?会社の売上高・利益高を把握しておくことは大前提として、貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書などから財務状況も確認しておきたいもの。自己資本比率が極端に低い、有利子負債が売上高よりも多いなど、危険な兆候が見受けられたら注意しておきましょう。経営陣の動向から会社の状況を察するというのも一つの手です。

将来性のある会社を見極めるためには
「良い会社」を見分けるためには、以下のポイントに気をつけることをオススメします。
・しっかりとした顧客基盤があるかどうか…一過性でなく継続的な売り上げのために、強固な顧客基盤があるかどうか。また、どこか1社だけのクライアントに頼りきりになっていないかも重要。
・ニッチでも良いので、業界1位・2位までに入る商品をもっているかどうか…市場から必要とされる商品力・技術力の有無は重要なポイント。
・企業に柔軟性があるかどうか…いくら今は業績が良くても、市場の変化や新技術の出現に伴って事情が変わるかもしれません。組織として変革を認める風潮があるかどうかは大切です。

会社よりも「自分の将来性」を大切に
安定と言われる企業に勤めていたとしても、突然の倒産により行く先に困り果てるというケースは多々あります。一見ハイリスクと思えるベンチャー企業に就職して自らのスキルを磨き上げていた人の方が、実は転職市場では高く評価されたりするもの。有名企業への就職=ローリスク、ベンチャー企業=ハイリスクとは決して言えない時代。世界に名だたるあの有名企業でさえ昔はベンチャー企業だったのですよ。就職ではなく、「就社」には決してならないように!

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

正社員が「この先転職を考えている」と回答

正社員の4割強が「この先転職を考えている」

 最近、派遣切りや就職難のニュースが多く報道されていますが、ネットユーザーは転職・就職についてどのように考えているのだろうか?20代30代40代を中心とするネットユーザー752名の回答を集計しました。

 事前に職業を聞いた上で、現在転職または就職することを考えていますかと聞いたところ、「考えている」と回答した人は28.1%。男女に大きな差は 見られなかったのですが、年代別では、40代の22.4%に対し、30代は31.4%、20代は36.2%と、若い年代の方が転職・就職意向が高かったのです。

 現在は転職・就職を考えていない人のうち「将来転職または就職することを考えている」とした人は24.5%。現在の転職・就職意向で性差はなかったのですが、将来では、男性(17.4%)より女性(32.2%)の方が高い割合になっています。

 現在と将来を合わせると、男性(38.7%)、女性(52.8%)で全体の45.7%が転職・就職意向を示しました。年代別に見ると、20代 (66.0%)が最も割合が高く、年代が低いほど転職・就職を考えている人が多いようです。現在の就業形態別に見てみると、会社員(正社員)で42.1%、 会社員(派遣社員)では73.7%にのぼり、不況下でも転職意欲は低くないことがうかがえる結果となりました。

 転職または就職を考えている理由を複数回答形式で聞いたところ、性別や年代、就業形態を問わず「金銭的な余裕が欲しいから」が最も多く、全体の 44.7%。次いで「興味のある仕事をしたいから(29.4%)」「キャリアアップしたいから(26.9%)」といったステップアップ志向の意見がランク インしました。

 現在・将来を問わず転職・就職意向のある人に求人情報を得るために何を利用したいかと複数回答形式で聞いて見ると、20代のトップは「登録制の求人情報 サイト(54.8%)」、30代は「登録制の求人情報サイト」と「登録不要の求人情報サイト」が39.8%で同率トップ。40代も「登録不要の求人情報サ イト」「無料の求人情報誌」の2項目が47.1%並んでトップとなりました。年代が高くなるにつれ、簡易な方法で求人情報を得たいと考える傾向があるようです。

 この先、転職・就職意向のある人に、今後希望する就業形態を複数回答形式で聞いたところ、「正社員」が73.1%で1位に。性別・年代、就業形態問わず支持を集めました。

 男性は「個人事業主(28.6%)」「経営者(14.3%)」が女性を10ポイント以上上回り、独立への意向も見られました。女性は「正社員 (61.9%)」の希望が男性に比べ20ポイント以上低かったですが、「パート・アルバイト(21.8%)」「契約社員(21.2%)」では男性と15ポイン ト以上差をつけ、多様な就業形態を考えている様子です。

 年代別では、20代で「正社員」が87.1%と圧倒的に高く、「契約社員」「派遣社員」という非正規雇用を受容する人がほとんど見られなかったことも目につきました。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

年収が不満なら外資系企業に転職してみませんか?

年収が不満なら外資系企業に転職してみませんか?

仕事に対して正当な評価をあなたはもらっていますか?私はこんなものじゃない!と悔しい思いをなさっていませんか?

そんな仕事をバリバリこなしている女性の転職で人気なのが、外資系企業!

日本の古い体質の会社の場合、どんなに仕事を頑張ってもそれに見合った賃金がもらえないというのが悲しい現実です。

同期の仕事ができない男性社員と給料がほとんど変わらない(ヘタをすれば…)なんてヒドすぎます。

逆に、責任のある仕事になかなかつかせてもらえない、なんていう不遇な扱いを受けていることも…。

外資系企業の場合は、仕事ができる人には給与は惜しみません!有能な人材にはソレ相応の結果が返ってきます。女性の管理職が比較的多いという環境もあり、女性の転職先の候補としてはとても魅力的ですよ。

最近では景気の上向きを背景にして、銀行や証券会社、保険会社などの外資系の金融業界では中途採用枠が広がっています。つまり、今は外資系企業への転職のチャンスが大きくひろがっているところなんです。

でも、英語が話せるかどうか不安…。

外資系への転職で一番よくある理由ですね。しかし!意外に思われるかもしれませんが、入社する際に外資系企業で英語のスキルに関しては、それほど重要とされないというところが多いんですよ。

今がチャンスですから、転職を考えているなら堂々とチャレンジしてみましょう!

外資系への転職活動をよりスムーズに行うには、経験豊富な専門の支援サービスで、カウンセリングなど専門家の意見を聞くのもいいですよ。
posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

転職の理由

転職の理由として、自分のステップアップが目的の場合があります。かなりの転職希望者がこのケースではないでしょうか?

今の会社に求人票や情報誌で見た仕事内容に魅力を感じて就職したが、現実に仕事を行っていると、自分のイメージしていた内容と実際の業務内容が異なってしまっている。自分が希望する自分の将来像と会社が求める自分の将来像にズレがある。それが。転職を始めるきっかけとなるわけです。

どんなに仕事を熱心におこない、今の会社でステップアップしたとしても、自分のスキルを活かしきれない、そのため転職とするという選択です。

このように、ステップアップを目的とする転職は、転職後にその会社で前向きに働く意志を表していますから、転職される側の会社にとっても悪い理由ではありません。非常に前向きですから、将来、会社にとって重要な即戦力になっていく可能性が大きいわけです。

しかしながら、このステップアップを目的としている場合、採用側が重視する点は決まってきます。現在の会社でステップアップしてもスキルを生かしきれていないと思っているわけですから、転職後スキルアップできると思った理由は何かです? つまり、転職しようとしている会社の業務内容を十分に正確に把握しているかどうかがポイントになります。自分はその会社で具体的に何をしたいのかです。

転職する原因が会社と自分の将来像が合わないことなわけですから、ひょっとするとまた合わないかもしれません。その時はまた、自分の希望と違うということで、再び転職になるわけです。

自分はスキルを生かしたいと思ったときに、この点は大変重要です。転職を考えるときに、会社の下調べを徹底的に行う必要があります。そして、転職希望先の業務内容をしっかり把握した上で自分がどう働いていきたいのか明確にすることが必要です。そうでなければ転職を繰り返すだけになってしまうのです。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職を考える

宅地建物取引主任者とは

宅地建物取引主任者とは

 毎年約20万人が受験する人気の国家資格ですが、その人気の秘密は、社会的ニーズの高さ・活用範囲の広さです。特に不動産取引業界では、事務所ごと従業員5人に1人の割合で専任の宅建の有資格者を置くよう法律で定められているため、就・転職の強い味方となってくれます。

 また、一般企業の不動産関連セクション、小売業などの店舗開発業務にも実務上その知識が必要とされ、合格一時金や資格手当を支給している企業も。

 宅地建物取引主任者は、不動産の売買や賃貸の仲介などに不可欠な資格。

 不動産業界では事務所に5人に1人の割合で有資格者を置くよう義務付けられていて、需要は常にあります。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転職 クチコミ

20代 女性 三重

元々がネットカフェの店長をしておりました。

個人的な事情により他県へ引っ越さねばならず、転職という形を取り、新しい仕事を探しました。

まず第一にサービス業以外をやった事がなく、事務関係はまったくの未経験の為、中途採用となると中々難しい状況でした。

趣味でパソコンをいじっていたのですが、その面を全面的に押し出して面接に挑みました。Excel等もある程度は使いこなせると言う部分もあり、無事に採用して頂けました。

パソコンの使用の有無ではなく、ソフトが使用出来るか出来ないかで大きく左右されるようですね。

特に事務関係は、事前にある程度の勉強が必要だと私は考えます。

posted by バチュラ at | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
QLOOKアクセス解析 インターネットと人と企業をつなぐサービス開始